狭い空間を有効活用
費用を抑えて1.5倍広く使う
広い家に住むこと。それは、昔から多くの人が夢見てきたことです。総務省統計局の「平成15年 住宅・土地統計調査の結果(速報)」によれば、日本の一戸当たり延べ面積は持家で125.4平方メートル(約38坪)です。これは決して、広々と住むのに十分な面積とはいえず、そのため多くの人が広い住宅に住みたいと心から思っています。

広い空間を持つとなると、費用もそれだけ多くかかりますし、固定資産税も大幅に高くなるのが普通です。しかし、小屋裏(屋根裏)や床下などの余った空間を活用すれば、どうでしょうか。本来であれば使わない空間まで有効に使っているわけです。また、「高さ1.5メートルまでは固定資産税をかけない(※1)」という規定を国が設けてくれています。

この規定をうまく活用すれば、38坪の固定資産税で57坪の家を建てることができるのです。住宅局建築指導課通知(平成12年指発682号)では、用途は居室には当たりません。普段使わないけれど、大切なものなどを収納するには、1.4メートルもあればいいと思います。(※2) 1.4メートル以下は階数に算入されません。(※3) これで、建築費用と税金を節約できるのです。(※4)

従来の家は2階建が普通でした。土地が横にのびない以上、発想を変えてみましょう。小屋裏、1階と2階の間、そして床下に、心の夢をかなえる空間を設けた2階建て5層構造住宅の家という発想です





※1 平成12年6月1日、建設省(現、国土交通省)住宅建築指導課より通知(平12年住指発682号)
「建築基準法の一部を改正する法律の施工について」
小屋浦、天井裏その他これらに類する部分に物置等がある場合においては、当該物置等の最高の内法高さが1.4メートル以下で、かつ、その水平投影面積がその存する部分の二分の一未満であれば、当該部分については階として取り扱う必要はない」とされています。

※2 天井高1.5メートル以下であれば固定資産税はかからない。

※3 1・2の両方のメリットから本書の中では天井高は1.4メートル以下としています。

※4 この場合、階数は2階ではなく、3階になったり地下1階になったりするので、構造的に法令に合致したつくりが必要です。日本では大多数の地域で、2階建ての5層住宅の許可が下りていますが、一部の地域で法令の解釈や適用が異なるなど、多少許可条件が違い、すべてのメリットが受けられない場合がありますので、お近くのイシンホーム住宅研究会にご相談下さい。




従来の家は2階建てが普通でした。土地が狭い場合、昔通りの2階建てで夢をかなえる空間まで確保することは難しいかもしれません。土地が横にのびない以上、発想を変えてください。2階建て5層構造の家をご提案します。







収納スペースの容量を比べてみると…

住空間に心のゆとりと広さのゆとりがあってこそ、日々の生活が楽しく充実します。
心のゆとりには、家族や旅の思い出を仕舞えるスペースや、大画面映像のゆとりがあるといいですね。
家族って面白い!?



さあ、あなたはどちらの家を選びますか?


後悔しない、子育て住宅へ



北九州市・中間市の一戸建て・マンション・土地・収益物件・その他事業用物件・不動産の価格査定ならKYOYU Corporationへ

KYOYU Corporationはフリーリンクです。
リンクを貼っていただける方はご自由にバナーをお持ち下さい。
また、相互リンクをご希望の方は、KYOYU Corporationまで
ご一報ください。
 
  110x35 size  88x31 size 


KYOYU Corporation
福岡県北九州市八幡西区下上津役3丁目6番1号
TEL : 093-613-2112 / FAX : 093-613-2113
E-mail : info@kyo-yu.com

Copyright:KYOYU Corporation. All rights reserved.